*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Back to Ohio♪

とうとう最終日。 (あれ、まだ旅行記続いていたの?!)
ミツワで買出ししてからオハイオに向かいます。
NJ滞在は合計5泊とも全て同じ部屋、高層ビルの風景にもすっかり慣れ、後半は住んでるような気分でした♪

P1060780.jpg
   リオ撮影  プリマスの港の風景  ママは撮ってなかったよ…

帰りの移動も余裕♪
途中、行きに見つけたペンシルベニア州に入ってすぐの所にある Crossing Premium Outlets でまたまたお買い物をしたり、サービスエリアで夕飯を食べたりと、ぶっ続けの運転じゃなかったのも良かったのかも。 日本に行くことに比べれば、途中で好きなだけ降りることが出来るし、時差もないし、全く苦になりません。
日本と違ってほとんど渋滞なしですからね。

P1060782.jpg
         リオ撮影  色んな所、見てるんだね♪

今回の旅は数え切れない程のガッカリがあったけど、それと同じくらいの感動もありました!
またどこかに行けるように、また明日から地道な生活に戻って頑張りましょう☆

この旅行中、お勉強の代わりにルイに書かせていた旅日記。
初日はママのブログと一緒で事細かに書いてたルイですが、だんだん時間がなくなり、面倒になり、昨日の日記はこんな感じ。

P1060796.jpg

英語の文章より日本語の文章を書く方が苦手なようで、ママチェックがいっぱい入ります…
漢字がなかなか登場しないんですよね~指摘されると書けるのに、自分で書くときは、なかなか出てこないようです。

「ぼくはお父さんに何かを買ってもらいました。」 って思いっきり英語の文章じゃない? 英語って something とか anything (何か) で済んじゃうことが多いのよね。

こんなんで日本の小学生になれるかな? と心配しつつ、5日間現地校に通いながら、これだけ日本語書ければ上等☆と親ばかしてみたり^^

残りの夏休み、日本語も少しずつ頑張ろうね!
スポンサーサイト

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

Central Park Zoo ☆ Last day in NYC

土曜日に日本語の学校に行かせる為に金曜日に帰宅する予定を組んだ鬼母の私、ルイも行きたがっていたので(お友達とDSのポケモン話がしたい)、最初は動物園を軽く回り、買い物を済ませたら、すぐに帰る予定だったのですが 「帰宅が夜中になり学校なんて無理、もう1泊しよう」 というパパの意見で、延泊することになりました。 だったらボストンやケープコッドでもう少しゆっくり過ごしたかったな、と秘かに思う私^^

IMG_5617.jpg
             Central Park Zoo

昨夜閉まっていたエントランス。 今日は開いてたよ♪ イェーイ!

IMG_5620.jpg

入り口で1週間消えないというTATOOを早速してもらう二人。
リオはスパイダー、ルイはコブラです。 

IMG_5622.jpg

ちょうどアシカのショーが始まる時間でした。

IMG_5629.jpg

サマーキャンプで来ているグループがたくさん。
囲まれてもマイペースに動物を見続けるリオ^^

IMG_5634.jpg

子供達が楽しみにしていたマダガスカルに関する動物は、この Lemur(キツネザル)だけ。(らしいです。 私、DVDを見てないので子供情報です^^)
DVDみたいに 「ライオン、かば、しまうま、きりんはアフリカに帰っちゃったのかな~」 と話す子供達。
(↑しまうま、きりんもカタカナで書いていたら、ルイに英語でし~まう~ま、き~り~ん(英語調な発音で)って言わないからひらがなの方がいいんじゃない?と指摘されちゃいました^^)

IMG_5645.jpg

ビル群の中にある動物園。
こじんまりとしていて、旅行中に遊びに行くにはちょうどいい動物園でした。

遅お昼を食べに、ドライブしながらチャイナタウンに向かいます。
昨夜は最後のNYCでの食事を堪能しようと、しっかり情報収集しましたよ♪

IMG_5655.jpg

Times Square 壮絶な年越しを体験した思い出の場所☆

IMG_5658.jpg

お兄ちゃんに嫌なことをされて、ふてくされるリオとトーイザラス。

IMG_5659.jpg

馬に乗った警官。

IMG_5661.jpg

近所の倉庫のようなホームデポと違って、NYはなんでもお洒落。

IMG_5669.jpg
             Dim Sum at Golden Unicorn

最近は、Flushing の飲茶も人気なようですが、敢えて老舗の 『麒麟金閣(ゴールデン・ユニコーン)』 に行ってみました。
けど、ちょっと時間が遅すぎたかな? 美味しいのだけど、残念ながら品数が少なくてかなりガッカリ 小龍包にもありつけなかったし、子供達の大好きなエッグタルトも売り切れ(涙)
昔パパと行った 『金豊大酒楼(Jin Fong Restaurant)』 にしておけば良かったかな。
…とちょっとブルーな気分で車に戻ると、追い討ちをかけるように紙切れが。

今まではちゃんと駐車場に入れていたのに、この時は近くに駐車場を見つけられず、路駐しちゃったんですよね…。 面倒くさがらず、ちゃんと駐車場に入れないと駄目ですね。 物凄~く高い飲茶となってしまいました。

IMG_5674.jpg
         Giant Hello Kitty in NYC

今度はちゃんと駐車場に入れようと探しているとリオが 「大きいキティーがいる!」 というけど見逃したルイとママ、どんなキティーがいるのか見に来てみました。 こんなビルの一角になぜキティーちゃんが。(53rd & Park Ave)

IMG_5675.jpg

またまたロックフェラーセンターに向かってます。

IMG_5680.jpg

お目当ての場所は昨日たまたま見つけてしまった 『 Nintendo World 』。
1階に "Pokemon Center" が入っています。

IMG_5684.jpg

いっぱいお試しできるゲームが置いてあって、子供も大人も夢中で遊んでます。
アメリカのポケモンセンターってどんな所か見にきただけなのに、なかなか帰れなくて、別行動すれば良かったな。

IMG_5686.jpg

お昼が遅かったので、夕ご飯は軽くラーメンで済ませることに。
事前の調べでとんこつ好きな私は 「一風堂」 という所が気になっていたのですが、キティーちゃんの前で出会った日本人に「新しいラーメン屋さんもあるんですけど、どうなんでしょうね~」と聞いてしまったら、そっちも気になり、近くにあった新しいラーメン屋さん 『葱屋』 を試してみることにしました♪

着いた時、ここであってる? と思ってしまった外観。
昼間は和食カフェで夜だけラーメン屋さんのようで、店内にしか葱屋と書いてません。

IMG_5690.jpg

一番高いこってりを頼んだのに、あっさり過ぎるんですけど… これならミツワのラーメンでも良かったかも…と最後のNYCでの食事は、残念な結果に終わってしまいました。

IMG_5693.jpg
             Brooklyn Bridge

マンハッタン最古の橋、ブルックリンブリッジを歩いて渡ったり、ホテルに飾ってある絵にも関心を示す子供たちを美術館にも連れて行ってあげたかったけど、この日程では無理でした。 またいつかね!!!

この日は早めにホテルに戻ってまったり。
子供達、買ってもらったゲームをやりたくて仕方がなかったのです。
でも、ちょっと待った!!
ルイはその前に、途中で止まってる日記を終わらせてね。
ママがブログを書いている横で、旅日記に奮闘するルイでした^^
リオは早速ゲームに夢中♪

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

Whale Watching☆

今朝もとてもいい天気。
お部屋に居ながら波の音を聞けるなんて、なんとも幸せな気分。

IMG_5422.jpg

旅行中、ずっとホテルの朝食を食べています。
毎日家事をせず、好きなものを好きなだけ食べて、遊んで帰ってくればお部屋が綺麗になってる。 なんて贅沢な生活なんでしょう♪

IMG_5417.jpg
           お外で食べるごはんて美味しいですよね☆

どこのホテルでも自分でワッフルを作れる機械が置いてあって、子供達のお気に入り。
シロップで食べたり、生クリーム&いちごソースでレストランのようにしてみたり^^
子供達は毎日のように食べてました。

IMG_5421.jpg

ケープコッドでの宿は最初B&Bのような所を探していたのですが、4人一部屋で寝れるお部屋ってなかなかないんですよね。 このホテルはペットもOKで、隣のお部屋にはゴールデンレトリバーが。
ホテルだけじゃなく、街全体でペット連れを多く見かけました。

Surfside Hotel & Suites

IMG_5425.jpg

チェックアウトした後は、この旅のメインイベント☆くじらを見に行ってきます!
メイフラワー号が最初に到着したのがここプロビンスタウンの港です。

IMG_5427.jpg

色んな会社のツアーがあるようですが、私達は Dolphin Fleet という所のツアーに事前にオンラインで申し込んでおきました。 さぁ、フェリーに乗って出発です。

IMG_5428.jpg

1時間かけてくじらのポイントまで行き、1時間くじらウォッチング、また1時間かけて帰ってくるという約3時間のツアーです。 

IMG_5431.jpg

プロビンスタウンの先端は砂丘になっています。

IMG_5439.jpg

このくじらウォッチングでまたママが大失敗をしてしまいました。
くじらウォッチングをネットで検索中、気分が悪くなっている方が何人かいたので、ボストンを出てすぐ、わざわざ高速を降りて薬局に立ち寄り、酔い止めを買い求め、ツアー開始前に家族で飲んでしまったのです。

IMG_5440.jpg
Medicine for motion sickness made them sleepy. Actually it did not need it...

酔い止めなんて大人になってから飲んだことがない私。
眠くなる成分が入っていることを、すっかり忘れてました!!
だんだんと心地良い揺れが眠気を誘い、睡眠不足のリオは、くじらのポイントの直前で寝に落ちてしまいました(汗) ルイはたぬき寝入り^^

IMG_5444.jpg

5分もしないうちにエンジンが止まり 「12時の方向にくじら発見」 のアナウンス!
きゃ~リオ起きて~ くじらよ、くじら!!

IMG_5451.jpg

最初はどこ?どこ? という感じだったのですが、あっと言う間にこんなに近くでも見れるようになりました。

IMG_5465.jpg

今が一番くじらを見るのにいい時期で、9?%の確率でくじらが見れるとのことだったので、きっと見れるとは思っていたけど、こんなにたくさん、しかも何頭も一緒に見れるとは思いもしませんでした。

IMG_5478.jpg

9時、5時、2時とアナウンスが入る度にキョロキョロしたり、移動したり、大忙し^^
いい席を取ったつもりでいたけど、席なんて全く関係ありません。
ポイントに着くまで、1階の室内に居ても大丈夫でした!

IMG_5507.jpg

うわ! 横泳ぎして手をあげてる♪

IMG_5525.jpg

こんな至近距離で見れちゃうんですよ!

IMG_5549.jpg

くじらがいる所は、水面が緑色です。
だんだんアナウンスに頼らずに、自分達でくじらの居場所が分かるようになってきました。

IMG_5551.jpg

ほら出てきた!!

IMG_5561.jpg

最初はカメラに収めないと!と必死でしたが、後半はのんびり座って見ていられるほど、たくさんのくじらを見ることが出来て、大満足なくじらウォッチング。 ここまで来た甲斐がありました!

IMG_5582.jpg

リオは5分のお昼寝でスッキリしたようですが、ルイは帰りの船で珍しく寝に落ちたにも関わらず、降りてもずっとボーっとしたまま。 ちょっと薬の量が多すぎたかな。
ポイントに着いてからはほどんど移動もなく、この時期は全く酔い止めなんて必要なかったです。

帰り道ケープコッドの入り口まで運転したママもかなり眠かった… 恐るべし酔い止め薬。
日本往復の飛行機でもほとんど寝れないルイなので、「飛行機に乗るときにこの薬を飲ませたらいいかもね」 と話すとルイも 「そうしよう!」 なんて言ってたので、次回、覚えてたら試してみようかな♪

IMG_5583.jpg

いくつかのお店のロブスターロールとクラムチャウダーを試しましたが、お店によって全く味が違います。
チャウダーは一番最初に食べたのが、ロブスターロールはプロビンスタウンで一番最後に食べたのが一番私好みでした。

IMG_5589.jpg
We came back to NY after more than 5 hours drive.

今日中に5時間半かけて最初のホテル・NJまで戻り、明日はオハイオに戻ります。
ボストン経由で帰る選択もあるのですが、ボストンからだと運転だけで12時間半かかるので、ミツワで最後に買出しできるし♪とNJ経由にしました。

IMG_5590.jpg
               Rockefeller Center

最後にこの間行きそびれたロックフェラーセンターに子供達を連れて行きました。
そしたら今度は、この旅行中車で何度もマダガスカルを見ていた子供達が「セントラルパーク動物園に行きたい」と言い出しました。 え、今から???

IMG_5595.jpg
     Kids wanted to go to the Central Park Zoo.

動物園は確実に閉まってるけど、もしかしたら外から動物が見れるかもね♪ とせっかくなので行ってみることになりました、 でもガイドブックも何も持ってない私達。 広~いセントラルパークの中のどこに動物園があるか分かりません。。。 探しているうちに暗くなってきたよ… またまたルイが野生の感で 「あそこがZOO(動物園)だよ」 と探し当てました。 今度は駐車場探し。 イチイチ時間がかかります。 何とか動物が居ることは確認出来ました♪ (実際はもっと暗かったです)

IMG_5602.jpg
      Of course it was already closed. " Let us in ".

よせばいいのに、今度は入り口まで行ってみようと男性陣で盛り上がり、ぐるっと回って来ました。
開いてるはずありません。 「中に入れて~」 と叫ぶ子供達。 

IMG_5610.jpg
               Central Park at Night

夜のセントラルパークを最後にお散歩。
…のはずが、なんと明日また戻ってくることになりました。
マジですかw(゚o゚)w
何でもパパも1つマンハッタンで買い忘れているものがあるらしいのです。

IMG_5613.jpg
真ん中の後ろのビルで、その昔じじちゃまが働いていました

夜の9時をとっくに回ってるというのに、まだ夕飯も食べていない私達。
本当はセントラルパークの芝生で食べようと思っていたのに買出しする時間なし。 ホテルの敷地内の Panera Bread に閉店間際滑り込みセーフで夕飯にありつけることが出来ました。

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

Plymouth ☆ Cape Cod

毎日夕飯を食べ終わるのが9時以降、ホテルに戻るのが10時過ぎ、寝るのが11時以降という生活が続いてるのに、我が子達、相変わらず朝はしっかり7時過ぎには起きて元気いっぱい。 今朝も朝からジャンピング体操だそうです(^_^;)
リオは時々チョコッとだけ寝に落ちてますが、いつもタイミング悪くてゆっくり寝かせてもらえません^^

IMG_5319.jpg

今日はボストンから南下しプリマスに立ち寄り、ケープコッドの町にちょこちょこ寄りながら、先端のプロビンスタウンまで移動します。

プリマスは、アメリカ発祥の地として知られています。
宗教的弾圧を逃れて自分達だけの世界を作ろうと、16世紀ごろからいくつもの清教徒達が大西洋を越えてやってくるものの、食料不足や厳冬のニューイングランドの気候に馴染めず。 今から約370年前の1620年、メイフラワーⅡ世号に乗ってやってきたピルグリム・ファーザーズと呼ばれる102人の一団が、ネイティブアメリカンの協力を得て、初めてプリマスの地で植民地としての生活を成功させました。

IMG_5322.jpg
             Mayflower Ⅱ in Plymouth

たくさんの希望を乗せたメイフラワーⅡ世号は、66日間の大西洋の航海の末、今日の私達の最終目的地、プロビンスタウン港に到着。 その1ヶ月後の1620年12月に終点のプリマス港に入港しました。
その船の原寸大の複製が、ここで見ることが出来ます。
こんな小さな船で102人もの正教徒を乗せ大西洋を渡ってきたなんて、きっと想像を絶する過酷な旅だったことでしょう。 しかもこの船で二人も赤ちゃんが産まれたんだそうですよ。 母は強し!!

IMG_5324.jpg

プリグリム・ファーザーズが初めてプリマスの地に足を降ろす時に使われた踏み石が、船の近くに置かれています。 下↓がその時の踏み石、”プリマス・ロック”だそうです。

IMG_5325.jpg
                Plymouth Rock

ピルグリム・ファーザーズの一団も寒さと食料不足から、約半数の人が最初の冬を越せずに亡くなられたそうです。 幸いにもピルグリム・ファーザーズは翌年春、プリマス付近に住むインディアンの一族から穀物や野菜の栽培方法を教えてもらい、秋にはたくさんの収穫があり、その冬を無事に越すことが出来たんだそうです。 そのお礼としてインディアンを招待して開いた感謝祭がサンクスギビングの始まりなんですって!

そんな話をしながらプリマスに向かったのですが、ルイには 「それ学校で習った」 と言われてしまいました。
そうなんですよね~、アメリカの子供達って小さい頃からアメリカの歴史をしっかり学んでいます。  

入植当時のプリマスの様子を再現しているプリマス・プランテーションも気になりつつ、この間行ったSauder Villageと似てるかな…とパス、次にケープコッドの入り口にある サンドイッチ へ向かいました。

IMG_5329.jpg
               Sandwich

この風景が見たくて、サンドイッチに立ち寄ったのです。
めちゃくちゃイギリスの田舎っぽくないですか?

IMG_5331.jpg
               Spring Water

上↑の写真の右側に湧き水が出ている所があり、地元の人がいくつもの入れ物を持って、引っ切り無しにやってきます。

IMG_5333.jpg
              Sandwich Glass Museum

ガラス博物館も覗いてみました。
子供用にはトレジャーハントが用意されていて、思ったよりも長い時間、綺麗なガラスに囲まれて過ごしました。

IMG_5339.jpg

ガラス作りのデモストレーションも見ましたよ♪

IMG_5340.jpg

まさにGOD HANDS。 職人さんの手にかかるといとも簡単に作品が出来上がります。

IMG_5342.jpg

湧き水の所から道路を挟んで流れているこの小川を歩いている人達を見かけた子供達。

IMG_5345.jpg

もちろんこの通り。 湧き水の下流にあるので、きっと水は綺麗なんでしょうね。

IMG_5353.jpg

「ビールよりも美味しい♪」と地元の方が言う湧き水を私達も飲んでみることにしました。
ルイは気に入った様子でそれ以降、ずっとペットボトルに入れてきたこのお水を飲んでました♪


続いて、ケープコッドの玄関口のハイアニスへ。
ジョン・F・ケネディ元大統領の別荘を初めハイアニスに別荘を持つことは、アメリカのエグゼクティブにとって一つのステイタスなんだそうです。 そんなハイアニスにあるジョン・F・ケネディー博物館に立ち寄りたかったのですが、時間の関係でパス。 ちょっとサンドイッチに長居し過ぎたわ。 ちなみにジョン・F・ケネディー・ジュニアが飛行機事故にあったのもこのハイアニスから近い海でした。

IMG_5361.jpg
               in Hyannis

私達はまたまた子供たちの希望で、{美岬」という日本人シェフがいるお寿司屋さんへ。
ここでは、今日入ったばかりという美味しいマグロをたくさん頂くことが出来ました(*^-^*)
凄い勢いで食べる私達、すぐにお皿が空いてしまうので、ウェイトレスさんがビックリしてました^^
この地を選び、成功しているこのシェフさんのチャレンジ精神、素晴らしいです。

IMG_5364.jpg
          Cape Cod Potato Chips  Factory Tour

お次は社会科見学。
オハイオではどこのスーパーにも置いてあるケープコッド・ポテトチップスの本社工場が、ここハイアニスにあり、無料でガラス越しに工場見学をすることが出来ます。 最後に一人2袋のおみやげ付きで至れり尽くせり♪ 

IMG_5380.jpg

このパッケージのライトハウスが地球の歩き方に載っていたので、一目みたくて探して行ってきました。
2回ビジターセンターに立ち寄り、Salt Pond Visitor Center から少し北上した Nauset Light Beachに無事見つけることが出来ました。 感動☆

IMG_5369.jpg
              Nauset Light

せっかくだからパッケージを良く見て、同じアングルで写真を撮れば良かったな。
下↓の方向でライトハウスを左側に寄せて、右側にある海を入れれば、パッケージの風景になります。

IMG_5373.jpg

Salt Pond Visitor Centerから北にずっとビーチが続いています。
子供達は既に水着に着替えて準備万端なのですが、ビジターセンターの人の話によると、ここのビーチは波が高く冷たくて、プロビンスタウンの方が波が穏やかで暖かいというので、このままホテルを目指すことにしました。
でも既に4時半、海に入れるかなぁ…

IMG_5376.jpg
               Hotel in Provincetown

45分後ようやくホテルに着き、早速ジャンピング体操(^_^;)

IMG_5379.jpg

バルコニーの向こう側はプライベートビーチになっていて、すぐに海です。
チェックインしている時に海から引き上げてきている人がいましたが、既に誰もビーチには居ません。 それに海藻がいっぱい…

IMG_5382.jpg

と言う事で、ホテルのプールに行くことにしました。

IMG_5386.jpg

子供達、この旅行の間ずっと 「プールに入りたい」 と言い続けていたので、水を得た魚のように遊び続けていました。 実際、子供達の中ではプールがこの旅の中で一番楽しかったことに入っているようです(^_^;)

IMG_5394.jpg

NYから英語以外の言葉の方がよく耳に入ってきていましたが、ここでも同じ。
ヨーロッパからもたくさんの人がバケーションで来ているようです。
いつまでもプールで遊びたがる子供達を、たっぷり2時間遊んだ所で強引に上がらせて夕飯へ。

IMG_5398.jpg
日本の国旗見っけ♪ ここはゲイが多い町。 仲良しカップルをたくさん見かけましたよ^^

楽をするのに馴れてる子供達、「車で行く~」 と大暴れ。
パパがホテルの部屋をガンガンに冷やすので、だんだん暑がりにもなってきていて、暑いだの疲れてるだの、うるさ~い!

これだけ遊んでおいて何言ってるの!
充分涼しくなってるし、たかが10分くらい歩きなさい!! 
まったく我が家の男どもは…こんなんで日本に帰って生活できるのかしら。

IMG_5396.jpg

素敵なお庭…こんな風景歩いていなかったら、見れないのよ。
きっと2度と来れない場所なんだから、しっかり堪能させて~!
ここは芸術家の集まる街で、通りには、たくさんのギャラリーがありました。

IMG_5399.jpg

目的のお店はここ。
またまた予約をするのを忘れてきてしまい、少しだけ待たされました。

IMG_5401.jpg

順番を知らせてくれる機械もロブスター♪
きっと色んな国のガイドブックで紹介されているんでしょうね。
レストランは物凄い賑わっていました。

IMG_5403.jpg

今日はクラムチャウダーに加えて、ロブスタービスクも頼んでみましたが意外とあっさり。
もっと濃厚な方が私好みだわ。

IMG_5405.jpg

またまた牡蠣やマグロのお刺身。
ここの生牡蠣は身が小さくて、ボストンの方が美味しかったな。
チェリーストンはボストンで食べたのも、ここケープコッド産なので、同様に美味しかったです。

IMG_5407.jpg

ロブスターの身がたっぷり入ったシーフードサラダ。 多すぎる(^_^;)

IMG_5410.jpg

2パウンド(約1kg)を越える茹でロブスターにシーフードパスタ。
ここには載ってないけどもう一品アペタイザーに頼んだロブスターラビオリも美味しかったです。 ああ、食べ過ぎ~

IMG_5413.jpg
      Pilgrim Memorial Monument

子供達はデザートにアイスクリームを食べながら、元気にホテルまで帰ることが出来ました☆

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

Boston☆

今日からは車で4時間ちょっとのボストンに移動し、シーフード食い倒れツアーの始まりです(*^-^*)

本当はフリーダムトレイルを自分の足で歩いて回りたかったけど、この日は車の外気温表示によると、とうとう101°F(38℃)まで上がり、最悪な観光日和です(^_^;)

今日は無理せず、子供も楽しめそうな水陸両用車に乗って市内観光が出来る 「ダックツアー」 に行って見る事にしました。
10年前の地球の歩き方によると、プレデンシャルタワーの中でチケットを買えるようなので行ってみると、普通のモールの一角でチケットの販売をしてました。

IMG_5294.jpg

本当はクインシー・マーケットでお昼を食べたかったけど時間がなかったので、モールの中のフードコートで早速 ロブスターロール&クラムチャウダーを買い込み、30分前には集合してないといけない乗り場へ。 

IMG_5248.jpg

クラムチャウダーが美味しくて、この暑さの中でもペロリと食べれちゃいましたよ♪

IMG_5249.jpg

さぁ、いよいよツアー開始です。

IMG_5251.jpg

運転手兼ガイドさんが、これまたこの暑さの中すごい服装で現われました^^ ジョーカーさんだそうです♪

IMG_5256.jpg
Beacon Hill is regarded as one of the most desirable and expensive neighborhoods in Boston now.

高級住宅街のビーコン・ヒル。 ヒルと言うだけあって、かなりの坂道にレンガ造りの家並みが続いています。

IMG_5255.jpg

こんな所に一度住んでみたいわ~♪

IMG_5257.jpg
       Massachusetts State House   マサチューセッツ州会議事堂

せっかくガイド付きだというのに英語なので、さっぱり。
パパや他のお客さん達は、楽しそうに話すガイドさんの話に時々大うけしてるけど、私や子供達は(我が子だけじゃなく他の子達も)、冷めた様子。

IMG_5260.jpg

とうとうチャールズ川に突入です♪

IMG_5264.jpg

ここでルイは運転をさせてもらうことが出来ました!

IMG_5266.jpg

「こっち向いて!」 と頼んでるのに、緊張してるのか、決して後ろを向いてはくれませんでした…

IMG_5277.jpg

再び陸に上がり、また観光に戻ります。 こういう可愛い家がいっぱい♪

IMG_5278.jpg
                 Public Garden

ボストン・コモンの隣にあるパブリック・ガーデン  

IMG_5283.jpg

車を降りるなり 「ダックの笛が欲しい」 とリオにねだられ、お土産屋さんに寄らされました。
写真を見直すと、集合場所で係りの人がこれ、付けてますね^^ よく見てること。
80分のツアー、子供達と英語が苦手なママには少し長過ぎでしたが、街の雰囲気はバッチリ分かりました☆

モールの中で少し涼んでから、一旦ホテルに荷物を置きに行き、再び夕ご飯を食べに戻ってきました。

IMG_5288.jpg

最初に昼間行きそびれたクインシーマーケットの周辺を散策することに。
夕方7時を過ぎてから、ようやく歩きやすい時間となります。

IMG_5289.jpg

中には世界各国の食べ物屋さんが入ってます。
昼間モールで食べた "Boston Chowda" がここにもありました!
お昼にここに来れてたとしても、きっと同じものを食べていたことでしょう^^
今 ウェッブサイトに行ってみたら、2年連続ボストンで一番のクラムチャウダーに選ばれていました。 美味しい訳です☆

IMG_5296.jpg
          Oldest restaurant in Boston

続いて昨日食べそびれた生牡蠣を食べに、ボストン最古のレストラン Union Oyster House へ。 クインシーマーケットからすぐの所にありました!

IMG_5302.jpg
          Bluepoints, Cherrystones, Littlenecks

オハイオの牡蠣と違って磯の香りたっぷりなので、レモンをかけてそのまま食べるのが一番美味。
ルイは出張で時々生牡蠣を食べてるというパパの分までもらってペロリと完食。
去年ワシントンDCのリーガルシーフードで生牡蠣を食べてから、ルイはすっかり生牡蠣の虜です。
牡蠣を嫌がりシュリンプカクテルを食べていたリオが、いつか生牡蠣に目覚めたら、争奪戦が激しくなるわ(*^-^*)

IMG_5305_20100712061847.jpg
We came here only for appetizer. Next, we are going to Sushi restaurant.

ここへはアペタイザーを食べに来ただけ。
NYよりもマグロが美味しいというので、お寿司屋さんへ移動します♪
きっとどんだけ食べるの?と思ってる方がいるはず。 言ったでしょ! 食い倒れツアーだって^^

IMG_5308.jpg
             Chinatown

相変わらず私達の情報は10年前の地球の歩き方のみ。
チャイニーズタウンにあるお寿司屋さんてどうなの???と少し不安な気持ちで行ってみました。 まずはお店がまだそこにあったので一安心。 オイスターのお店同様、これは期待出来るかも?!

IMG_5312.jpg

最初にロブスターのお刺身を頼んでみました。
身がこりこりしていて美味しい♪

IMG_5315.jpg

そして子供達が遊んでいたロブスターがお味噌汁になって出てきた時には感激しましたよ(*^-^*)
お出汁がよく出ていて激ウマです。 嬉しいサプライズでした!

IMG_5318.jpg

子供達、嬉しそうに食べてます。
残念ながらマグロは赤身しかなかったけど、ウニがとても美味しかったです。
ルイなんて美味しいウニはいつもお醤油をつけずにそのまま食べるんですよ!
大きくなったら飲兵衛さんになりそうだね^^

私、ボストンが大好きになりました。
何よりも街が素敵だし、NYよりもこじんまりとしていて、落ち着いていて、穏やかに暮らせそう。
観光客もハイソな人が多いのか、みんなオシャレ。
暑いのもあるけどワンピースやスカートをはいてる人の率が高いです。
ここ数日、自分がとっても田舎者に思えてなりません。
オハイオではなかなか登場する機会がないワンピース、私も持ってくれば良かったな…

将来何かの間違えで子供達がボストンの大学に行くことにでもなったら、強引に押しかけて長期滞在させてもらおうっと♪ その時まで大学巡りは取っておきましょう。 子供達、よろしくね!!

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

Profile

oldmoon

Author:oldmoon
* * * * * * * * * * * *
セカンドグレードの
長男8歳(2年生)
キンダーガーテンの
次男5歳(年中)
2度目のアメリカ生活を子供と一緒に満喫中♪

Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Entries
Comments
Categories
Archives
Links
TOEICボキャブラリー4択ドリル

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
Search
Trackbacks
RSS Links
Thanks for Visiting
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。