*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パパが鹿さんと正面衝突(^_^;)

私達がDCで遊び呆けている間に、アッコも大変な思いをしていたけど、パパも大変なことになっていました。

出張からの帰り、デトロイト空港から家に戻る途中、高速道路で突然鹿が飛び出してきて正面衝突してしまっていたのです!

照明のない真っ暗な高速で、突然ヘッドライトが照らされている範囲に茶色い物体が左側面から飛び出してきた瞬間に、衝突してました。

エアバッグが作動し、相当な衝撃でした。
そのまま惰性で車は走行していたものの、エアバッグが邪魔で前が見えない・・とエアバッグを押しのけている最中にエンジンが停止、そのまま左車線から右車線の路肩まで移動し、停止。。。
後続車が居たのかすら覚えてないのですが、他人とは追突もなく、無事でした・・・とほほ。

・・・と翌日写真付きのメールを受け取り、事の全貌を知った私。
しかもそのメールを見たのは2日後のこと(^_^;)
アッコ同様、携帯に電話をもらっていたのに、またもや私の耳には届かずじまいだったようで・・・

私が居なかったため、同じ会社の日本人の方には大変ご迷惑をお掛けしてしまいましたが、とにかく無事で良かったです。
なにより私が留守中にもしものことが起きなくて本当に良かった♡

たまたま電話で会話中の出来事だったので、エアバッグの衝撃で電話を持っていた左腕に少しミミズ腫れが出来た以外は特に大きな怪我もなく、アメフト効果が生かされたようです。

DSC00976.jpg

車はこんな状態で現在修理中ですが、車高の低い車だと、フロントガラスに鹿が突っ込んで来て大変なことになるケースもあるようなので、こんなんで済んで良かったんでしょうね。

参考までにパパから受け取った注意点を皆様へも

①昔教習場で教わった、9時10分もしくは10時10分の位置でハンドルを持たないこと。
 9時15分の位置がいいでしょう。今はそう教わるようです。
②エアバッグは痛い。
 10時10分の位置でハンドルを持つと手首が骨折しても不思議ではありません。
 ハンドルを高い位置に設定していると顔を強打されるので、低めに設定しておく。
③鹿や動物が走行中に出てきた場合には、可愛そうだけど、そのまま突っ込むこと。
 ハンドルを切って回避しようとしないこと。
 併走車や後続車と事故になったり、コントロールを失ってより危険。
④安全なところで停止したら、すぐに911で鹿をひいたことを報告する。
 警察が直ぐに来てくれて事故証明を作ってくれる。 これがないと保険が使えない。
⑤AAAなどアメリカ版JAFに加入していればレッカー手配を依頼する電話をする。
 レッカー移動は警察もその場から手配してくれますが、
 費用がすべて実費になってしまうのでAAA の加入をお薦めします。
⑥保険カード、車検証は当然車に常備。警察の事故証明でも必要。
⑦修理工場は自分の自宅の近所を指定する。
 何処にいけばいいのか分からない時は乗っている車のディーラーに運んでもらう。
⑧携帯電話の電池は常に充電しておく・・・AAAと警察と相当長い間会話しました。
⑨最後に駐在員もしくは日本人同士で助け合う?!

このブログをいつも楽しみに見てくれている私の母も、私が結婚してすぐアメリカに来た直後に飛び出してきた猫を避けようとして電柱に衝突。 車は廃車、危ない目に会いました。 (嫌なこと思い出させてごめん!)
③は分かっていても、とっさの時にどんな行動をしてしまうか心配です。。。

そうそう仕留めた鹿さんは警察の検証が終わった後、お持ち帰りしてもいいそうです。
鹿さんのお肉は美味しいらしく、わざわざハンティングに行く方もいるくらいですから^^

パパはそのまま放置。 私が帰ってくる時には既に半分くらいになってました。
パパにブログに載せるには残酷・・・と言われた鹿さんの写真に興味がある方は ”続きを読む” へどうぞ。
会社のアメリカ人の方が撮ってくれたという何枚かの写真の中から遠目のものを選んでみました。
アメリカでは時々目にする光景です。
deer_smash1.jpg

deer_smash2.jpg

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

びっくり!

お友達もパパも本当に大変なことになっていたんだね。
大きな怪我でなくてよかったです。
昔うちの会社の日本人も衝突して確か車廃車になったって
聞いたよ。

私は結局生きてる鹿さんには遭遇できなかったな・・・
写真のようになってしまった鹿さんは何度か見たけど。
パパも車もお大事に・・・。

No title

お久しぶりです。
旦那さま、大きな怪我もなく
鹿との事故では廃車になることが多いと耳にしてましたが
車も修理可能なようでよかったです。
私は、高速道路を運転中に脇を並走する鹿と遭遇したことがあり
これが突然飛び出してくるとよく目にするあの光景に
なってしまうと思ったことがあります。
先週末、道路脇に転がってたたぬきを見て
家族揃って「久しぶりに見たね道路で・・・
アメリカでは、こんなの日常茶飯事だったのに
日本じゃ滅多に見ないよね。」などと言ってました。

No title

パパとアッコちゃんは大変だったね
それでアッコちゃん荷物大丈夫だったの??
エアバックの衝撃ってすごいんだね・・でもパパの怪我もなく車も修理して
使えるとはよかったね!!
とっさの時は対向車と前後に車がなかったら逃げると思うよ
私がそうしました

No title

ご主人様、たいへんでしたね!
りすなどの小動物が轢かれているのは、何度か見たことがありますが
こんなに大きな鹿が倒れているのは、見たことがありません。
きっとすごい衝撃だったでしょうね。
車は修理になってしまったけれど、お怪我がなくてなによりでしたね。

chikakoさん

chikakoさん、長いアメリカ暮らしだったのに
鹿に遭遇したことなかったんだ!
私はクリーブランド時代にも何度か、こっちでも
Hill Aveで何度か親子の鹿さんが横切っていくのを
見たことあるよ♪
いきなり物凄い勢いで出てくるから、もう少し注意してくれ~!!!と
思ってしまいます。

rumiさん

鹿と並走するっていうのも、また凄い経験ですね!
それもかなり怖いかも・・・
こちらってほんとそこらじゅうで動物達、ひかれてますよね。
それだけ自然が多いいってことなんでしょうけど。
rumiさんのお住まいの地域もきっと緑が多いところ
なのでしょうね。
タヌキですか・・・そういえば実家の近くでも時々見かけたかも。
ジブリシリーズの平成狸合戦ぽんぽこの舞台の近くなので^^

おばあちゃん

アッコは超多忙な中来てくれたので、その後全く連絡ありません。
本当は木曜日に日本に到着した足で会社のイベントに参加、
金曜日からは泊まりで研修?とか言ってたのが、結局金曜日着に
なっちゃったから、どうしたかな・・・と心配してますが。
荷物も出てこなくて・・・というメールだけでその後どうなったか分からないの。
携帯があるから、と安心して、アッコにもパパにもYUの家の電話番号を
教えていなかったのがいけなかったわ・・・反省。

セレンディピティ さん

最近すっかり遊びに行くだけになってコメントが残せてなくてごめんなさい。
上高地の日本の情緒漂う風景&お食事、そして温泉を羨ましく拝見していました。
わが子達は日本に帰ったら温泉に行こうね!と子供っぽくない発言をしています^^
主人は、私の留守中の出来事だったので、本当に大したことなく済んで
良かったです。
こちらでは良く目にする光景で、時々「鹿飛び出し注意」みたいな看板も見かけるんですよ。
セレンさんが住んでいたNYやバージニア?はもっと都会なので、動物の数も少ないのかも
しれませんね。
Profile

oldmoon

Author:oldmoon
* * * * * * * * * * * *
セカンドグレードの
長男8歳(2年生)
キンダーガーテンの
次男5歳(年中)
2度目のアメリカ生活を子供と一緒に満喫中♪

Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Entries
Comments
Categories
Archives
Links
TOEICボキャブラリー4択ドリル

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
Search
Trackbacks
RSS Links
Thanks for Visiting
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。